治験情報(日本語および英語)

A Study to Assess Efficacy, Safety, Tolerability, and Pharmacokinetics of ABBV-8E12 in Progressive Supranuclear Palsy

【2016/9/18アップの情報】
2015年7月17日,米C2N Diagnostics社と米AbbVie社は,米食品医薬品局(FDA)が,両社が開発中の進行性核上性麻痺 (PSP)の治療薬「遺伝子組み換えヒト化抗タウ抗体(recombinant humanized anti-tau antibody)C2N-8E12 (ABBV-8E12)」を希少疾患治療薬に指定したと発表した。両社は,C2N-8E12の第Ⅰ相試験に着手している。

製薬会社のプレスリリース
Abbvie社 プレスリリース

PR Newswire社(ニュース配信会社)


Multiple Ascending Dose Study of Intravenously Administered BMS-986168 in Patients With Progressive Supranuclear Palsy (CN002-003)


治験情報のサイト(英語)


【2017/10/9アップの情報】
日本でのブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社(BMS)のBMS-986168の第Ⅱ相試験。なお,治験薬はバイオジェンに導出されており,米国の情報は既に問合せ先がバイオジェンに変更されている。また,BMS,バイオジェンとも日本法人は関与していない。

進行性核上性麻痺患者を対象としたBMS-986168静脈内投与の有効性及び安全性を検討するランダム化二重盲検プラセボ対照並行群間試験

米国の情報はこちら。
Study of BIIB092 in Patients With Progressive Supranuclear Palsy (PASSPORT)